天風いぶき様_選挙_4.png
天風いぶき 背景1.png

決意文

新型コロナから都民の命・暮らしと雇用・経済を守り抜く!!

5月25日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が解除されました。ひとえに都民のみなさま、事業者のみなさまのご協力の賜物です。医療従事者のみなさま、エッセンシャルワーカーのみなさまのご尽力にも感謝を申し上げます。ありがとうございます。

 

私は父も母も国会議員の秘書を務めており、祖父は村議会議長という幼い頃から政治が身近にある環境で育ちました。父は国会議員秘書を務めたのち、政治家を目指しましたが39歳で癌で他界。母は女手一つで3人の子どもを育ててくれました。11年間在団した宝塚歌劇団を退団後、新たなチャレンジを考えた時に、秘書という仕事を通じて父がしてきたことを経験できればと思い政治の道を志しました。

 

政治のイロハを学び、政策立案能力を身に着けたいと思い、2014年に当時衆議院議員だった小池百合子事務所へ入所。衆議院議員の秘書、そして東京都知事の秘書として大変貴重な経験をさせていただきました。都民ファーストの会の創設にも参加し、党職員として都議会議員選挙の政策づくりや、代表質問の作成にも関わらせていただきました。

 

小池百合子都知事は都民の命を守るために、時には国と闘ってでも新型コロナウイルス感染症対策に全力で取り組んでこられました。感染の第2波は、人口が多いほど起きやすいと言われています。私も小池百合子の秘書として、都民ファーストの会の職員としての経験を活かし、北区と小池都政の連携を強化し、感染防止と経済・社会活動の両立に取り組んでまいります。新型コロナウイルスの感染拡大から、都民の命と経済を守るため、都が万全の医療・検査体制を整備していけるよう働きかけてまいります。

天風いぶき

 
 

プロフィール

天風(あまかぜ)いぶき

小池ゆりこ元秘書

元宝塚歌劇団 宙組男役

都民ファーストの会 公認

略歴​

1985年6月

東京都生まれ。両親ともに国会議員秘書の家庭で育つ。4歳の頃に父が他界し、母は女手一つで育ててくれた。

2002年4月

宝塚音楽学校入学。歌や踊り、日本舞踊、狂言、茶道、ピアノ等々、厳しい指導を受けながら、通信教育で高卒資格も取得。

2004年4月

宝塚歌劇団に入団し宙組に配属。男役として11年在団。

 

2014年7月

「ベルサイユのばら」で宝塚歌劇団を退団。ワシントンD.C.の語学学校に短期留学。

同年 11月

衆議院議員小池百合子事務所入所。その後、衆院選、統一地方選、参院選等を経験。

 

2016年7月

東京都知事選挙。崖から飛び降りる気持ちで出馬した候補、7人の侍の皆さん、事務所の仲間と全力を尽くす。

 

2017年1月

都民ファーストの会事務局所属となり、同年7月の都議会議員選挙を経験。代表質問作成にも携わる。

 

2020年6月

東京都議会議員補欠選挙[北区]に立候補!

政策

東京大改革2.0を北区から実現

都政と更なる連携強化を!

以下、金額は令和2年度予算における東京都の北区における主な事業・支援

 

都民の命と経済を

守り抜く

新型コロナ対策

現都知事と都民ファーストの会は、聖域なき事業見直し・都の借金の減少等を通じて約1兆円を生み出し、この結果、全国に先駆けて実施した休業協力金など、総額1兆円超の新型コロナ対応を機動的に実施してきました。引き続き以下をはじめ取組を強化します。


●検査・医療提供体制の更なる強化
●都内企業のテレワーク・時差出勤の定着・制度化
●都独自の家賃補助の実施
●飲食店のテイクアウト・デリバリー支援
●失業・求職者の就労支援の強化
●芸術・文化・アーティストの活動支援

健康・長寿で

安全・安心な北区

北区の高齢化率は23区内でトップクラスです。私自身も現在祖母の介護をしており、実体験に基づき高齢者のみなさまが安心して暮らせる介護・医療体制の強化と災害対策を加速させます。


●高齢者施設の整備・認知症支援・医療体制の強化
●介護人材への支援・ICT化支援・介護予防(フレイル対策)の強化
●感染症と風水害・地震など複合災害への対応強化
●調節池の整備など水害対策、首都直下地震への備えの強化
●都有地の活用など都と連携した北区のまちづくり強化

子どもと女性が

輝く北区

女手一つで三人の子どもを育ててくれた母の姿から学んだことは、仕事と子育てを両立できる環境や、子どもの可能性を最大限伸ばす教育の重要性です。


【子育て支援教育】
●安全・安心な妊娠・出産環境の整備、就労支援の強化
●ひとり親家庭への支援・子どもの貧困対策
●一人一台のオンライン学習環境の整備


【待機児童対策】
都内全域では待機児童数が7割減少している一方、北区ではまだ不十分な面があり、都政との更なる連携で対策を強化します。

多様性を力に変える

共生社会の実現

●障がい者など就労困難者が自分らしく働ける「ソーシャルファーム」の推進
●ホームドア整備などのバリアフリーの更なる強化
●性的マイノリティへの支援
●犬猫など動物福祉と共生社会の更なる推進
●都民の理解・共感が得られる形でのオリパラ大会の開催
●デフリンピックなど障がい者スポーツ国際大会の東京開催の推進

都政改革の更なる加速

●行政手続のオンライン化・聖域なき事業の見直し
●都庁組織の再編・外郭団体の統廃合
●都議会改革:議会基本条例の制定など改革の加速
●実績:議会活力度ランキングの大幅上昇

 

【議会活力度ランキング】

47都道府県中 45位→8位
※出典:日経グローカル「議会活力度ランキング2019」

点線の背景

SNS

 
名称未設定-1.png

 お問い合わせ 

天風いぶき選挙事務所

〒115-0045

東京都北区赤羽2丁目-49-3 1階

TEL: 080-6659-3882

FAX: 03-6735-7552

  • Facebookの社会的なアイコン
  • さえずり
  • Instagram